大量の封筒に切手を貼る場合には・・・

仕事などで封筒や書類などに切手あるいは印紙などを大量に貼らなければならない場合があります。
切手を張る場合で、中身が同じ書類のものであればゆうちょ銀行に持参して現金での清算などもできますが、そうでない場合には思っている以上に手間になってしまうことも考えられます。

また、封筒に切手を貼る際に水を使用するか舐めて貼りつけるかでも個人によって方法が異なると思いますが、一般的には水を使用した方が粘着力が強くはがれにくいとされています。
この切手を張る作業を効率よく進める方法は、昔からあるやり方では、縦方向あるいは横方向につながったままの切手を水に浸したスポンジで濡らし、紙面の上で順番に切り離していく、という方法が最もオーソドックスな貼り方になります。

また、市販されているアイテムの中にも効率よく切手を張ることができるものも販売されていますので、それらを活用してみるのも良いと思います。
他にも、プライベートで切手を張る場合には、その貼り方に工夫をしてみたりするのも面白いかもしれません。
日本ではありませんが、中国では切手の貼り方の違いにより送り主から受取人に対していくつかのメッセージを送る文化があるようです。

例えば、切手を右上がりになるように傾けて貼ると「あなたのことが好きです!」というメッセージになったり、逆に左上がりになるように貼ると「ごめんなさい!」というメッセージを意味しているそうです。
日本にはそのような文化はありませんが、少し工夫してはってみるのも面白いと思います。

*このサイトは現在準備中です